当サイトは「思念体、タルパ、イマジナリーフレンド、解離」などを中心に、心理学、オカルト等から精神世界について探求するものです。
⇒このサイトについて/思念体紹介

もう一人いる?!~ヘミシンク紀行180914

14日朝のヘミシンク記録。
今回はゲートウェイ・エクスペリエンスのWave1#5 フリーフロー10!
自由潜行だ!ということで、目標をゆるめに「ヘミシンクで臣のダイブ界に行く」として開始です。
まずはいつものように箱君に余分な感情を預けます。
一度預けたものの、まだ頭の中に気になることが残っていたので、それも追加で投入。
こうやって「気持ち」が残ってしまった場合も、客観的に今自分が何を気にしているのか理解するのに役立つから心地いい。

それからレゾナントチューニングを行い、リーボールへ。
今日もリーボールの形は蛇。それで固定化されちゃったかー…
と、よく見ると蛇の色が前回と違い、少し薄黒い感じ。
おやおや?と見ていると、どうやら腰の辺りで立ち往生している模様で、鎌首をもたげながら舌をちろちろさせて周囲を探っています。
ここでエネルギーが詰まってるってことかな?と思い、試しに少し姿勢を変えて、集中的にエネルギーを流すイメージをしてやると、蛇君が再び私を巻くように動き出します。おお、これは分かりやすい…

それからもう一度肩での停止を経て、蛇君は何とか頭までたどり着くと、前見たときのように金色に光り輝いて、そのままリーボールとして溶け込んでいきました。
本当に自分にとって分かりやすい姿で出てくるんだなーと感心。

この辺りで少し寝ぼけて、取り留めもない思考が混ざってきます。
朝起きた直後だったので、夢に入りかけているな、と感じつつも、それはそれで面白い経験が得られそうだなと続行。

基礎練習が終わったら、臣と合流。
F10のフリーフローだからか、臣の気配がちょっと薄め。
「どうする?少し繋がりが薄いけれど、予定通りダイブに挑戦する?」
臣に聞かれて悩んでいるうちに、また頭がぼんやりして来たので、
(ああ、とりあえずちゃんと繋いどかなきゃ。あっちの私に渡して…はいっ)
と、「隣の私」に自分の情報を渡しま…ん?「隣の私」???

180914hemi.png

私「臣ちゃん!私、何か隣にいた私に私を渡された!!しかも何か自分の気配濃くなった!!」
臣「あっはは、なるほど、そういう風になっているんだね」

しばらく混乱していましたが、どうやら先程いつも分離気味の「三人称視点の私」から「一人称視点の私」への接続が行われた模様。
そしてよく見ると、他にもぼんやり「自己視点がぶれている私」がいくつかあるのが見えてきます。

前にいたり後ろにいたり、小さかったり、横に大きくぶれていたり。
全て一応自分とは一応繋がっているのだけれど、ちゃんと「真ん中の自分」が定まっていないからこうなるのかな、と考え、試しに先ほどと同じように、「他視点の自分」から「真ん中の自分」に主体を渡してみます。

すると、さっきまでのブレが少し解消され、何となく向こう側の世界での自分の感覚が濃くなります。

私「うわ凄っ、頬杖ついたらちゃんと腕の感覚がある…!」
臣「これで大体…と、それでもまだ視点がずれているんだね。これは現実世界でもずれるわけだ。よし、今日は俺のダイブ界で、体感覚を得る練習でもしようか」

臣の提案に乗って、そのまま臣のダイブ界に移動するイメージをします。
うまく移動できた…のかな?草を踏みしめるリアルな感覚を覚えます。

…が、ここで頭の中に本日の仕事のイメージや、昔の友人のイメージが。
ネガティブなものはないものの、いろいろなものが出たり消えたり。ああ、これは本格的に夢に入り始めたやつだ…

それを理解しつつもヘミシンクの流れに戻したり、明晰夢に変化させることもできずにぼんやりしたまま、結局時間は流れ、本日のセッション終了。
うーん、だんだん寝落ちリスクが増えてきた。
ともあれ、複数にブレる自分を意識できただけ成果ということにします。
そしていい感じに頭の中をくっつけられたのか、今日は一日作業効率が良かった!誘導瞑想タイプの手法は本当に相性が良いようです。
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ 

0 Comments

Post a comment