当サイトは「思念体、タルパ、イマジナリーフレンド、解離」などを中心に、心理学、オカルト等から精神世界について探求するものです。
⇒このサイトについて/思念体紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

いきなりF12~ヘミシンク紀行180831

先日ついにヘミシンクのCDをヤフオクで入手しました。
といっても一部だけですが、少しずつ練習して行こうかなと思っています。

初回はWave1のガイダンスからやったのですが、すでにテキストで予習済み…かつダイブに慣れていたので、案外仮定をすっとばせるんじゃないかと、今回はいきなりF12からの挑戦でした。
以下概ねtwitterに記載したものの転記です。
最初の1回やった限りだと、本で予習はしてたしダイブにも慣れてたから、思い切って過程とばしてみるかーとチャレンジ。
駄目だったらまたやればいいよね的な感じで。
最初はいつもの砂浜スタート。今日もばっちり箱君(※注・ヘミシンクの概念を知った時、我が家にやってきた箱型の思念体、かつエネルギー変換ボックス)がいる。

その他 箱君はだいぶ慣れた様子で、さっさと私の感情を預かると、レゾナントチューニング(呼吸法的なもの)手伝ってくれた。 
胸に手を当ててペース作ってくれて、いい感じで呼吸できると指で○作ってくれる。かわいい。 
リーボール(光の球的なもの)を作ると、より深い方に潜って…というより登っていった。  

箱君に見送られて昇っていくと、気づけば飛行機の中。
臣が隣に座っている。
臣と一緒に視点のチューニングをすると、臣が小袋に入ったレモン飴をくれた。
兄弟そろってそれ好きね…
カサカサとリアルな音がした。味はほんのり。
意識深度は中程度かな?ってところだけれど眠くないのでいい感じ。

ナレーションが済むと、臣が座席から立ち上がる。
背中に鷹のような翼が生えている。
 明にも生えているよ、と言われて見ると、私にも隼のような翼。

それより立っていいの?飛行機だよ?と聞くと、大丈夫だよ、これはスカイダイビング用の飛行機だから。俺達もやるんだよって言われてちょ待高所恐怖症  
「大丈夫大丈夫、1、2、3、それっ」とビビってる間もなく臣に引っ張り出される。
下が雲だから高さ分かりづらいけど怖い!怖いって!うわお腹んとこふわっとした!
…と体を縮こめていると、臣が翼で包み込んでくれる。
ほら、大丈夫だよ。…としばらくそのまま飛んでくれる。
抱きしめられて少し落ちつい来ると、「明も翼があるから飛べるんだよ、はいっ❤」と問答無用で手を離される。 このスパルタめ!
と思いながら何とかじたばたしていると宙に浮く。
「ね、出来るでしょう。慣れてくると翼無しでも飛べるんだよ」
といって、当人は翼を消して宙を歩いている。慣れてるなー…

 折角飛んでいるのだから、きっとあるはずだから、と姉さん達のダイブ界(空中庭園→地下エレベーター→地下神殿)に向かう。
折角だからここを交信スポットにしようか、と話しながら下へ。
中を見ると以前より立派な石像などが見える。
というより前は余裕なくてじっくり見れなかったな。
奥へと進んでいくと、ハーピィのような門番さんがいる。
「あんたらなら良いよ。奥に進むのかい?暗いから気をつけな」 と言われる。

一言二言話して、草木生い茂る奥の洞窟へ。 
と、臣が私の頭を押さえる。天井が低かった。頭ぶつけないようにね、と言われた。
ヘミシンク中でも頭ぶつけるんだ…

リーボールをつかって照らしながら進んでいくと、大きな門。えい、とあけると簡単に開く。
ここからいかにももっと奥だよ、といった雰囲気。
臣と話しながら進んでいると、隣の人がいきなり赤髪三度笠痩せ形の男に変わる。
だ、誰ですか?! 
「この奥は俺の領域だから悪ぃな」 あっ恭平ですねわかります

臣があまり順応できていないようで、どんどん小さくなっていく。
恭平から、消えることはねーから安心しな、と言われていたけれど、当人は「俺がリードしたかったのに」とちょっと不機嫌。
小さい狐の姿で私の肩に乗る。
「ついたぜ」といわれた部屋には壁画があった。
 壁画にはもやもやした絵が書いてある。
恭平の説明は「気になることでも描いてあるんじゃねーか?」とやや適当。 

順に巡っていくと、アリの絵(いたそう)、コンビニの絵などがあった(もう一つあったが失念)。 
アリの絵はおそらく体の痛み。凝りを直していかねーとな、と少し体をケアしてもらう。
お腹を機械に見立てると、錠でガチャガチャ開けて、中の機械をメンテナンスしていく。ネジを締めたり、油をさしたり。相変わらず恭平のケアはちょっと荒っぽい。

コンビニは恐らく食事だろう、もう一つは…などと話しているうちに時間切れ。 
恭平と別れゆっくりと帰還。  

所々体感浅くなった影響もあってか、いつものごとくいつものメンツでした。
とはいえ恭平とあっちの世界でリアルな感覚を持って話すのは新鮮。
門番さんともう少し話せば良かった。
姉さんもいるか期待したのだけれど今回は会えず。たぶんもっと先で待ちかまえてるんだろな…

そして!全く寝落ちしなかった!ぞ!おわり!
---

本日出会った住人。鳥門番さん、恭平 

ヘミシンク完全ガイドブック全6冊合本版
ゲートウェイ・エクスペリエンス第1巻

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ 

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。