私とタルパとその後 臣と、宇佐と、バレンタイン

※この物語は実際にあったことを基にしたフィクションです。時系列の編集や、脚色、一部事実とは異なる描写もございますのでご注意下さい。
------------------------

突然訪れた、自我の異変。新しいタルパ。
変化し続ける環境の中で、私が選んだのは、"都合の良い関係"だった。

----------------

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:タルパ - ジャンル:

私とタルパと日常 III.臣と一週間(後)

※この物語は実際にあったことを基にしたフィクションです。時系列の編集や、脚色、一部事実とは異なる描写もございますのでご注意下さい。
------------------------

近づいて、離れて、また近づく。

------------------------

続きを読む»

テーマ:タルパ - ジャンル:

私とタルパと日常 III.臣と一週間 (前)

※この物語は実際にあったことを基にしたフィクションです。時系列の編集や、脚色、一部事実とは異なる描写もございますのでご注意下さい。
------------------------

"彼"を受けいれる決意をした。
それは同時に、自分を見つめ直すことでもあった。
"臣"と名付けた彼と一緒になるまでの話。

----------------

続きを読む»

テーマ:タルパ - ジャンル:

私とタルパと日常 II.臣との再会

※この物語は実際にあったことを基にしたフィクションです。時系列の編集や、脚色、一部事実とは異なる描写もございますのでご注意下さい。
------------------------

ずっと見えないふりをしていた、何かの蓋がはずれる音がした。
私の中で生まれた"彼"は、私の心を蝕んでいく。
このときはまだ"N"と呼んでいた彼の話。

------------------

続きを読む»

テーマ:タルパ - ジャンル: